内脂サポートをより効果的にするタイミングとは

内脂サポートはファンケルが開発した機能性表示食品ですが、そのうわさを聞いて使ってみたい人は多いと思います。でも、気になるのがどのタイミングで飲むのが最も効果的になるのかということですよね。内脂サポートは、腸内環境に働きかけることで、減量を目指すというものです。健康的にダイエットできるとあって、ネットの口コミでも高い評価を得ています。しかし、どんなに優れたサプリメントでも、飲むタイミングや飲み方が間違っていると、本来の効果を発揮できません。そこで、今回は、内脂サポートの飲むタイミングについて、調べてみました。

 

 

内脂サポートは食前より食後に飲むのがおすすめ

 

内脂サポートの飲み方はとてもシンプルです。1日4粒飲むだけで無理なく体重を減らすことができるというものです。内脂サポートはサプリメントなので、特別飲む時間が決まっているわけではありません。ですので、一日のうち、いつ飲んでも良いことになります。

 

しかし、より効果を実感したいのであればおすすめなタイミングは朝食後です。内脂サポートの成分から見て、食後よりも食事の前の方が効果的だと思うかもしれません。内脂サポートに含まれているのは、BB536などのビフィズス菌です。

 

BB536は熱や胃酸に強いタイプのビフィズス菌ですが、それでも胃が空っぽの状態で摂取すると、腸まできちんと届かないリスクが大きくなります。それでは、せっかくの効果が100%発揮されませんよね。

 

朝食前に飲むことで便秘対策を

 

このように含まれているビフィズス菌の特性を考えると、食前よりも食後の方が効果的だと考えられます。ですので、基本的には、朝食後でなくても、昼食後や夕食後でもかまいません。ただし、便秘対策も行いたいという人の場合は、朝食後に飲むのがおすすめということになります。

 

朝食後に水分といっしょに内脂サポートを摂取すれば、適度に胃腸を刺激して、便意を感じやすくなるはずです。ですので、普段から便秘が気になっている人は、朝食後の服用を試してみてください。

 

飲み合わせによっては効果が半減することも

 

内脂サポートの飲み方で気を付けたいのが、飲み合わせです。内脂サポートの飲み方によっては、効果が得られなくなることもあるからです。内脂サポートを飲むときに気を付けたい飲み合わせは次のようなものです。

 

アルコール

内脂サポートをアルコールで飲んでしまうと、含まれているビフィズス菌が死滅してしまう可能性があります。また、アルコールの分解の際に、内脂サポートに含まれる成分もいっしょに排出してしまう可能性があります。このため、お酒などで内脂サポートを飲むことは控えるようにしましょう。

 

熱い飲み物

温かい飲み物で内脂サポートを飲んでしまうと、そのカプセルが熱により溶けてしまい、成分がうまく吸収されなくなるリスクがあります。

 

腸に届くまでにカプセルが溶けてしまうと、ビフィズス菌が死んでしまう危険性があるからです。ですので、内脂サポートを飲むときには熱い飲み物で飲むのはやめておきましょう。

 

毎日継続することが大切

 

 

内脂サポートの飲み方で最も大切なことは、毎日継続して飲むことです。サプリメントは即効性はありませんので、2,3日呑んだからといってすぐに効果が現れるものではありません。毎日きちんと飲み続けることで、ゆっくりと効果を実感できるはずです。このため、自分のライフスタイルの中で飲み忘れしない時間帯で飲むことも大切かもしれませんね。

内脂サポートを効果的に飲むタイミングを紹介