内脂サポートに含まれる成分と副作用を把握し、健康的な生活を心がけることです。

内脂サポートは、体脂肪を減少させる効果があるサプリメントになります。どのような有効成分によって体脂肪が実際に減少されるかを配合されている主成分を確認し、作用もチェックしてみます。

 

まず、主要成分として大きく三種類の成分があります。

 

 

ビフィズス菌BB536(B.longum)

腸内の善玉菌を増加させる生きた成分で、腸内環境の改善に役立ちます。このため、便通の改善にも効果が期待でき、女性に多い便秘の解消も得られるとして最近注目されている成分です。摂取することによってポッコリお腹などのお腹回りもすっきりとさせ、これまで入らなかったズボンを履くことも可能となっています。
内脂サポートには4粒で100億個含まれています。

 

ビフィズス菌B-3(B.breve)

本来、人体に存在している善玉菌になり、一つ目のビフィズス菌と同じく腸内環境の改善を行います。特に腸壁を保護する機能を持ち、肥満防止などの効果が期待できます。
内脂サポート4粒に対して50億個含まれている成分です。

 

N-アセチルグルコサミン

カニなどの甲殻類に含まれるキチンという成分から作られた成分です。
主にヒアルロン酸の生成に役立ち、骨の健康や関節の動きを助ける成分になり、さらに美肌効果もあることから関心が高まっている成分になります。
4粒の内脂サポートに238mg含まれています。

 

これらの3つの主要成分は効果以外に副作用として注意すべき点があります。

 

内脂サポートに含まれているN-アセチルグルコサミンに食物アレルギーのリスクがあります

カニなどの甲殻類から作れれてるので、甲殻アレルギーを持っている方にはアレルギー反応が起きる可能性があるから使用を控える必要があります。
さらに卵や乳なども含まれています。これらの食品に対してアレルギーを持っている場合も使用を控えたほうが良いです。

 

持病で服用薬がある場合に飲み合わせのリスクがあります

特に高血圧や糖尿病とった持病を持っている場合には血圧や血糖値を下げる薬を飲んでいます。
しかし、N-アセチルグルコサミンに血糖値を上昇させる効果があり、持病を悪化させる可能性もあるので、使用を控えたほうが良いです。
使用を検討する際には掛かり付けの医師や薬剤師に相談することでリスクを抑えられます。

 

妊娠・授乳中、子供は控えること

基本的に妊婦や授乳中ではサプリメントの使用を控えるようにメーカーや医療機関でも勧めています。
さらに成育過程の子供は臓器が未熟ということもあって予想以上の効果が表れる可能性もあるので、注意が必要です。
子供の肥満などの問題は医療機関を受診させることによって適切な処置を行ってくれるので、まずは医師に相談することです。

 

規則正しい生活を心がけること

内脂サポートは腸内環境を改善し、体脂肪の減少をサポートするサプリメントですが、あくまでも普段の食生活や生活リズムの改善が重要なことです。
この内脂サポートを使用するのみで健康的な生活が手に入ると過信すれば、より症状が悪化する可能性もあるので、健康的な生活を心がけることが求められます。